nurse navi

医療系の仕事に就きたい

一口に医療系の職業といっても多数の職業があります。数あるなかで人気な職業が看護師です。看護師になると様々なメリットがあるため目指す方が多いようです。

看護師の魅力

  • 収入が安定している
  • 社会的信用が高め
  • 働きやすい

看護師にも種類がある

世の中には様々な看護師が存在しますが、大きく「看護師」と「准看護師」に分けることができます。両者の違いはどのようなものがあるのか記載しました。

看護師と准看護師の違い

看護師

看護師になるためには国家試験に合格しないといけません。准看護師と違って自身の判断で患者さんの看護をすることが可能です。また収入が安定しており部長など上の立場に昇進することができます。

准看護師

都道府県知事の免許を取得することで准看護師になることができます。看護師よりも求人数が多く自身のライフスタイルに合わせた働きを実現しやすいのが大きなメリットです。

看護師になるために知っておくべき基礎知識[専門学校が近道]

勉強

看護師の仕事内容

医師による診察や手術をサポートしたり、患者さんが退院できるよう影から支えるのが主な仕事です。患者さんの体調を把握するために血圧や体温などを測定したり、採血や点滴などをしたりします。また場合によっては上手く食事ができない方の補助をする時があります。仕事内容は多岐にわたるのでストレスが溜まりやすいです。ストレスが溜まりすぎるとプライペートに悪影響を及ぼすだけでなく、仕事上のトラブルを招いてしまうリスクがあります。適度にストレスを発散することが看護師として公私ともに充実した毎日を送る秘訣です。

看護師に向いている人

看護師として適している人の特徴はいくつかあります。まず言語聴覚士と同じように患者さんのほんの小さな変化にも気づける方です。患者さんの容態は日によって変わります。些細な変化を見逃してしまうと、患者さんの命に関わるトラブルに直結します。細かいことにも気づける人は看護師として向いているでしょう。次にコミュニケーションをとるのが上手い人です。看護師は毎日色んな患者さんと接します。また他の医療スタッフとも連携しながら仕事をしていきますので、人と接するのが苦手な方にとっては厳しいかもしれません。人当たりがよい性格であれば看護師として十分にやっていけるでしょう。

看護師になるまでのルート

看護師になるには、養成課程がある大学・短大や専門学校を卒業し国家試験に合格する必要があります。出題範囲は広いですが例年合格率は90%前後で推移しています。そのため日々の学校生活で真面目に勉強していれば合格することができるでしょう。日本は深刻な看護師不足が続いており高齢化社会がますます進むためこれからも需要が高まっていきます。求人数が多いため就職活動する際はそれほど困ることはないでしょう。

看護学校によく寄せられる質問

専門学校から大学へ編入できますか?

以前は不可能でしたが、現在は専門学校を卒業して大学へ編入することが可能になりました。しかしながら必ず編入できるというわけではなく編入できるかどうかは大学側への判断に委ねられます。編入したい場合は早くから専門学校の講師と相談するのがよいでしょう。

受験するにあたり年齢制限はありますか?

年齢を制限していない学校は多いので年齢が高いからといって諦める必要は全くありません。学校に入学できるだけの学力があれば十分です。なお学校によっては年齢制限があるところもありますので、気になる学校がありましたら年齢制限があるかどうかホームページや資料などを必ずチェックしましょう。

大卒と専門学校卒では仕事内容は異なりますか?

どこの学校を卒業しても仕事の内容は変わりません。しかしながら大学では医療全般に関してより高度な勉強をすることができます。

男性でも看護師になることができますか?

多くの男性の看護師が活躍しています。看護師といえば女性がなる職業のイメージをする人が多いと思いますが近年医療が高度化するに伴い男性の看護師が活躍する場面も増えてきました。

[PR]
全国にある看護系専門学校を公開♪
自分に合った学校を見つけよう

[PR]
言語聴覚士の学校へ行こう!
気になる学費をチェック♪

広告募集中